文字サイズの変更

検索したいキーワードを入力してください

NEWS

学生・教職員の受賞

awards



修士2年 ZHOU YANNIさん 日本セラミックス協会 2024年年会 優秀ポスター発表賞(村田製作所賞) 受賞

修士2年 ZHOU YANNIさん 日本セラミックス協会 2024年年会 優秀ポスター発表賞(村田製作所賞) 受賞

物質生物工学分野・修士2年生の木村 玲雄さん(多賀谷基博 准教授 研究室在籍・中華人民共和国出身)が、日本セラミックス協会 2024年年会において優秀ポスター発表賞(村田製作所賞)を受賞しました。

 
日本セラミックス協会は、新物質、新材料、新機能素子への開発・発展につながるナノテクノロジーの基幹技術になっているセラミックスについて、無機・有機・鉱物・化学・物理・電子・土木・医療・工芸など広範な分野における情報交換の場を提供しています。本協会のうち、生体関連材料部会は生体と関連の深い材料におけるサイエンスとテクノロジーを対象としています。
 

受賞研究題目

ポリイミド表面構造を活用したコラーゲンフィブリルの湾曲化

 

受賞研究内容

I型コラーゲン(Col)の自己集合によって形成されるフィブリルの湾曲形態は、さまざまな疾患におけるメカニズムと密接に関係しています。そのため、Col分子を体外で自己集合させると共に湾曲化させる研究が重要となりますが、未だに達成されていません。本研究では、ポリイミド(PI)膜の形成技術によってPI分子鎖の立体構造を制御し、Col分子の自己集合によって湾曲した形状 (特に、規則的な半円形状) を創製することに世界で初めて成功しました。具体的に、単層のPI膜をベークすると、膜内のPI分子鎖が基板平面と平行に湾曲しました。そして、積層とベークの工程を繰り返すと、PI分子鎖が基板と垂直方向に (3次元的に) 立体的に構造構築されました。この膜表面にCol分子を反応させると、Col分子はPI膜の分子鎖の構造を認識して、自己集合することで湾曲したColフィブリルが形成しました。特に、積層とベークの工程を3回繰り返したPI膜においては、半円形状に湾曲したColフィブリルが規則的に配列している状態が観察されました。このような研究は、Colフィブリルの形態制御技術として応用でき、生体内のColフィブリルの湾曲についての生物医学的意味を探る研究としても重要です。

 

 

関連リンク

日公益社団法人日本セラミックス協会 2024年年会優秀ポスター発表賞 受賞者一覧のページ
ナノバイオ材料研究室(多賀谷基博 准教授)紹介ページ
ナノバイオ材料研究室(多賀谷基博 准教授)ホームページ